京都府

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラム KABUKI 藤十郎と仁左衛門 篠山紀信写真展

歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。
1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌舞伎写真の集大成『KABUKI by KISHIN』(光村推古書院刊)を発表し、国内外で高い評価を得た。
今回の、美術館「えき」KYOTOでの個展では、京都に縁ある歌舞伎界の二大巨頭、四代目 坂田藤十郎と十五代目 片岡仁左衛門の舞台を、迫力あるカメラワークで捉えた写真を展示する。名歌舞伎俳優が演じる舞台に、歌舞伎の神と写真の神が降臨した刹那を活け撮りにした奇跡の一瞬。緊迫感のある張りつめた写真の数々。篠山紀信が撮り続ける「歌舞伎の美」を堪能してほしい。
※出展数は約40点の予定。坂田藤十郎、片岡仁左衛門の写真を中心に展示。中村鴈治郎、中村扇雀、中村壱太郎、中村虎之介、 片岡我當、片岡孝太郎、片岡千之助の写真も展示。
※本展は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラムとして開催されるもの。

開催概要

  • 会期

    2019.04.122019.05.06
  • 会場

    美術館「えき」KYOTO
    http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
    京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階
  • 観覧料金

    一般900円(700円)、高・大学生700円(500円)、小中学生500円(300円)

    ※( )内は前売、当日「KYOTOGRAPHIEパスポート」を提示の本人、および「障害者手帳」を提示の本人と同伴者1名の料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    美術館「えき」KYOTO、京都新聞
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合あり ※入館は閉館の30分前まで
  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る