東京都

トム・サックス ティーセレモニー

現代の資本主義社会へのアイロニーとユーモアが共存する奇抜で力強い造形作品によって、世界的に注目を集めるニューヨーク在住のアーティスト、トム・サックス(1966- )。本展は、独自のまなざしで日本の文化を見つめ、深いリスペクトを向けるアーティストが、ティーセレモニー(茶会、茶道)に取り組んだもので、2016年にニューヨークのイサム・ノグチ美術館で開催され、好評を博した。日用品や工業用素材で作られた茶碗、釜、柄杓などの茶道具の数々。水屋、茶室、池なども配され、現代の日用品と「茶の湯」が出会う、ユニークで斬新な展覧会だ。外国人アーティストの目に映る、真新しく、しかも楽しい日本の姿は、私たち日本人が見落としてきた価値観や世界観にあらためて気づかせてくれる貴重な機会となるだろう。多様な価値観の共存が求められる今日、異文化交流の新たな可能性を提起する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.06.23
  • 会場

    東京オペラシティ アートギャラリー
    https://www.operacity.jp/ag/
    新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー3F
  • 観覧料金

    一般1400(1200)円、大・高生1000(800)円、中学生以下無料

    ※( )内は15名以上の団体料金
    ※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料
    ※割引の併用および入場料の払い戻しはできません

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 東京オペラシティ文化財団、「トム・サックス ティーセレモニー東京展」実行委員会
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌火曜日、ただし4月30日は開館)

  • 開館時間

    11:00〜19:00 ※金土は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

美の饗宴 若冲と祈りの美

今春、開館21周年を迎える細見美術館は、新しい時代の幕開けに臨み、細見コレクションの原点、若冲と宗教美術の展覧を行う。 江戸時代絵画を代表する絵師 伊藤若冲(1716~1800)。彼の精緻な彩色表現や自由闊達な水墨画風は

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る