東京都

北斎のなりわい大図鑑

公式サイト

本展では、北斎の新発見の肉筆画「蜆売り図(しじみうりず)」をはじめとした、北斎一門による江戸時代の生業(なりわい)が描き出された作品を展示する。 なりわいとは一般的に、生活をするための仕事を意味する。生活にむすびついている仕事はその社会のありかたを映す。江戸時代には、現在ではなじみのなくなってしまった職業がある一方、現代の商売のルーツになる生業も存在する。北斎の作品には、江戸時代の様々な働く人々が描かれている。仕事に注目して制作された作品もあれば、景色の中に登場することもある。働く人々に向けられた北斎のまなざしを通して、江戸の生業を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.232019.06.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、高校生・大学生700円(560円)、65歳以上700円(560円)、中学生300円(240円)、障がい者300円(240円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小学生以下無料
    ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を提示ください
    ※65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示ください
    ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)
    ※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示を観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    墨田区・すみだ北斎美術館
  • 休館日

    5月7日、5月13日、5月20日、5月27日、6月3日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る