東京都

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション(東京展)

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたスコットランド・グラスゴー出身のウィリアム・バレルは、若くして家業の海運業を手伝い始めた後、船舶の売買で大成功し「海運王」と称された。
少年の頃から美術品に関心を持っていたバレルは、1890年代から1920年代にかけて主に画商アレクサンダー・リードから作品を購入し、ペプローやメルヴィルなどスコットランドの画家をはじめ、クロホールなど特にグラスゴーで活躍した画家の作品を好んで集め、徐々にフランス絵画にも興味を抱くようになった。同時に古今東西の美術工芸品の収集にも意欲を燃やした。
1944年、バレルはコレクションのうち何千点もの作品をグラスゴー市に寄付し、それが美術館「バレル・コレクション」となった。美術館建設に関しての条件は大きく二つ、「大気汚染の影響が少ない郊外に作品を展示すること」「国外に持ち出さないこと」だった。厳しい条件の中、本展は本国のバレル・コレクション改装に伴い、奇跡的に実現した展覧会。9,000点以上にも及ぶ同コレクションの中から西洋近代絵画を中心に、計80点の作品を紹介する。英国でしか見ることのできなかった海運王の世界屈指の夢のコレクションを、渋谷で堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.30
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般1300円、大学・高校生800円、中学・小学生500円
    当日=一般1500円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円

    ※団体は20名様以上(要申込)
    ※学生券をお求めの場合は、学生証要提示(小学生は除く)
    ※障害者手帳提示で割引料金あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    Bunkamura、毎日新聞社
  • 休館日

    5月7日、5月21日、6月4日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る