群馬県

四季の彩り─季節をめぐる表現

美人画、風景画、花鳥画など、日本画の主題はさまざまだが、人物を描くにしろ、山や川など自然の景色、あるいは草花を描くにしろ、そこに春夏秋冬の季節の表現は欠かせない。季節によって人びとの装いや行いは変わり、木々や草花は生長して姿や彩りが異なるために山や野の風景までもが変化する。こうした四季の移り変わりをとらえ描写することは、その作品で表わしたい情趣を見る人に伝えるための大切な表現なのである。
本展覧会では収蔵作品のなかから季節の表現に注目し、作品のなかの季節がどのように表わされているかを紹介。また、あわせてこれまでに新しく収蔵された作品も展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般200円(160円)、大学・高校生160円(100円)

    ※( )内は20名以上の団体割引料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高崎市タワー美術館
  • 休館日

    4月15日、4月22日、5月7日、5月13日、5月20日、5月27日、6月3日、6月10日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る