栃木県

企画展 東海道旅三昧

江戸と京を結ぶ東海道は手形があれば旅ができ、庶民は京を目指し、東海道の旅を楽しんだ。この東海道の魅力は版本や浮世絵などの印刷物で紹介され、美しい山と川、賑やかな宿場町、そして美味しい名産品など様々な魅力が当時の情報を通して多くの人々を旅に誘ったことだろう。本展覧会では、歌川広重が描いた浮世絵と同時期に出版された版本より、その東海道の旅を辿る。

開催概要

直前の記事

視覚の共振・勝井三雄

人が人へ情報を伝える、それを不特定多数で共有する、そして世界共通の命題を解決するために役立つコミュニケーション・デザインの歴史は、19世紀に遡る。人々の生活をより良くし、未来を拓く道具、空間や都市をテーマとする他の領域も

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る