栃木県

視覚の共振・勝井三雄

公式サイト

人が人へ情報を伝える、それを不特定多数で共有する、そして世界共通の命題を解決するために役立つコミュニケーション・デザインの歴史は、19世紀に遡る。人々の生活をより良くし、未来を拓く道具、空間や都市をテーマとする他の領域も同様だ。モダニズム(近代主義)の確立、二つの世界大戦、地球環境に対する意識の高まりなど、私たちの暮らし・生き方を変貌させる出来事が次々と起こった20世紀は、デザインがいっそう身近になった。デザイナーの活躍の場も広がり、その役割が重要となったのは言うまでもない。
こうした背景を踏まえ、激動の時代を経験してきた勝井三雄(かついみつお)は、常に世の中とデザインの動き、現在の有り様に鋭い視線を注ぎ、明日を見据える創造的な挑戦を60年余にわたって続けている。グラフィック(ポスターなど)、エディトリアル(書籍・雑誌・図録など)、CI(コーポレイト・アイデンティティ)を中心に、サイン、ディスプレイ、空間構成ほか、多様な媒体のアート・ディレクター(AD)を務めるなかで、領域の枠組みにとらわれることなく、デザインの理論・表現について、その可能性と普遍性を模索してきたのだ。すなわち、状況にふさわしい視覚伝達を介して、物事の本質に触れるスムーズなコミュニケーションがどれほど人々の相互理解を促し、生活、文化、社会、環境を充実させることができるか、その優れた手段・取り組みの提案こそが、勝井三雄の仕事の根幹にある。
本展は、まず「時代」に焦点を当て、今日に至るデザインの社会史と、国内外のデザイナー、写真家、美術家、建築家、音楽家、評論家、編集者、小説家、科学者、民族学者ら、勝井三雄が影響を受け、協働した人々とのつながりを示すところから展示が始まる。続いて、ポスターや映像など「色と光」の分析・実験・展開に基づく作品群、小冊子のエディトリアルから国家的規模の博覧会ディスプレイまで、あるいは企業・学校・文化施設の存在意義を体現するCI、地球を俯瞰するインスタレーションなど「情報の編集」に係る業績の集大成を紹介する。
未発表の資料、最新作も含む今回の展示は、空間構成そのものが勝井三雄の総合的なディレクションにより、「なぜ人間はヴィジュアル・コミュニケーションを必要とするのか」を体感的に考えるための場となる。長年にわたり宇都宮美術館のCIを推進してきた勝井三雄の活動を通じて、同館が主眼とする「20世紀のアートとデザイン」を視覚伝達の観点からひもとく手がかりにもなるだろう。――デザインは、単なる色とかたちの描出、その成果物ではない。時代・人々・空間と共振する思想であり、これを実践的に構築し、質の高い可視化を担うのがデザイナーの役割だ。勝井三雄のすべての仕事には、そのことが凝縮されている。

開催概要

  • 会期

    2019.04.142019.06.02
  • 会場

    宇都宮美術館
    http://u-moa.jp/
    宇都宮市長岡町1077
  • 観覧料金

    一般800円(640円)、大学生・高校生600円(480円)、中学生・小学生400円(320円)

    ※( )は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
    ※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
    ※毎月第3日曜日(5月19日(日))は「家庭の日」で、高校生以下の方を含むご家族が来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    宇都宮美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

画中のよそおい

古今東西、人は自らのよそおいに工夫を凝らし、楽しんできた。とりわけ19世紀パリでは、ジャーナリズムの発展とともに、現代につながるモード(流行)が生まれる。ほどなくして日本でも、外国のファッションが様々なかたちで受け入れら

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る