茨城県

志村ふくみ展 ―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―(茨城展)

大正13年(1924)に滋賀県近江八幡市に生まれた志村ふくみは、戦後まだ作家として織の作品を作る人が少なかった時代に染織の道を志し、今日に至るまでひたむきに創作活動を続けてきた。 平成2年(1990)には重要無形文化財「紬織」保持者(人間国宝)の認定を受け、平成27年(2015)には文化勲章を受章、94歳となる現在も新たな制作に励んでいる。
志村作品の魅力は、植物染料で染めた絹糸による豊かな色彩のハーモニーにある。志村は野山から採取した草木で糸を染めることを「草木の抱く色をいただく」と表現するほど植物を尊び、自然に対して純粋で真摯な創作姿勢を貫いてきた。
また志村は文筆家としても活躍し、昭和58年(1983)には『一色一生』により第10回大佛(おさらぎ)次郎賞を、平成5年(1993)には『語りかける花』で第41回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞している。
滋賀県立近代美術館は,滋賀出身の作家である志村ふくみの作品を多数所蔵しており、本展はこのコレクションを中心とした約100点により、初期から近年にいたる志村の芸術を辿る。自然と人間とのかかわりと、古典文学をはじめとする日本の文化に対する深い考察に基づき、染織界に新たな地平を切り開いた志村ふくみの作品を是非堪能してほしい。
※前期・後期で大幅な展示替えあり
前期:4月6日~5月6日/後期:5月8日~6月2日

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.06.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1080(980)円、満70歳以上540(490)円、高大生850(720)円、小中生480(360)円

    ※( )内は20 名以上の団体割引料金
    ※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
    ※4月20日(土)は満70歳以上の方は無料
    ※土曜日は高校生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    茨城県近代美術館、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(ゴールデンウィーク中4月27日(土)~5月6日(月)は無休)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る