山形県

箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵 平松礼二展 ― 歩いてきた道 路そしてジヴェルニー ―

公式サイト

東京都出身の平松は中学の頃から画家になりたいという夢を持ち、高校在学中から展覧会に出品し、数々の賞を受賞した。1994年、フランスのオランジュリー美術館で出会ったモネの《睡蓮》に衝撃を受けた平松は、日本美術と融合させた独自の画風・視点で睡蓮を描き始める。
平松の描く睡蓮は高く評価されており、パリではジャポニスムの画家のひとりに認められた。本展では箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵の作品を展示。路シリーズ、花シリーズから最新作のジャポニスムシリーズまでを見ることができる展覧会となっている。

開催概要

  • 会期

    2019.04.112019.05.19
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、高校・大学生300円、小・中学生200円

    ※20名以上の団体は2割引き
    ※身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳及び療育手帳を提示された方は表示料金の半額(同伴の介護者は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    天童市、公益財団法人天童市文化・スポーツ振興事業団
  • 休館日

    月曜日(GW中は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る