山形県

生誕110周年 野口久光 シネマ・グラフィックス(山形展)

野口久光(1909-1994)は、1933年東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、映画配給会社・東和商事合資会社(現・東宝東和)に入社。約30年で1,000枚を超える映画ポスターを制作した。野口の映画ポスターは、タイトルや俳優の名前まですべて手描きで、作品の雰囲気と内容を豊かに表現した「一枚の絵画」としての魅力に溢れている。『大人は判ってくれない』(1959)監督のフランソワ・トリュフォーは、野口の手による日本版ポスターに感激し、続編のなかに小道具として登場させたという逸話も残っている。
また野口はジャズやミュージカルの評論家としても活躍し、デューク・エリントンやカウント・ベイシーはじめ、ジャズの巨匠たちと親交し、1983年には日米の音楽文化の橋渡しへの貢献により、ニューオリンズ名誉市民にも選ばれた。
本展では、野口久光が手がけた映画ポスターやその原画、映画スターやジャズプレーヤーのポートレート、デザインを手がけた書籍・雑誌・レコードジャケットなど、約400点の作品・資料を展示。時代を経てもその輝きを失わない野口久光のグラフィック・デザインの世界を紹介する。映画の都・山形でぜひ楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.05.12
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円、高大生600円。小中生400円

    ※土曜日、5月5日は中学生以下無料
    ※20名以上の団体は各2割引、障がい者とその付添者1名は各半額
    ※キャンパスメンバーズ制度登録校の学生は無料
    ※フォーラム山形 野口久光展関連企画上映会チケット持参の方は100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山形美術館、山形新聞、山形放送
  • 休館日

    4月8日、4月15日、4月22日、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

萬鉄五郎と歩んだ35年

2019年5月1日で萬鉄五郎記念美術館は35周年を迎える。1984年に町立の記念館として産声を上げた同館は、その後、記念美術館として萬鉄五郎が岩手をはじめ近代美術史に果たした役割を調査するとともに、萬を主軸にすえた日本近

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る