宮城県

「横山華山」展(宮城展)

公式サイト

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師。伝統や形式を重んじる諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆使いで人気を博していた。
横山家が曾我蕭白と交流があったため、幼少時の華山は蕭白の作品に直接触れる機会が多く、独学で蕭白の絵を学ぶ。当時の著名な絵師・岸駒に入門した後、呉春に私淑して絵の幅を広げた華山は、多くの流派の画法を身につけ、作品の画題に合わせて自由自在に筆を操った。なかでも風俗画や祭礼図は華山の真骨頂で、その細やかな描写には現代の私たちも目が奪われる。彼の名声は当時日本中に広がっており、著名な画家を記した番付や夏目漱石の作品に名前が登場するなど、明治から大正の頃までは世間に知られた存在だった。海外でも早くから評価され、欧米の美術館に優品が多数所蔵されたが、いつしかその名は知る人ぞ知るものとなっている。
祇園祭の様子を臨場感豊かに描く《祇園祭礼図巻》や、東北の地が描かれた《紅花屏風》(山形美術館・(山)長谷川コレクション 展示期間:4月27日~5月6日)といった代表作のほか、ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りする本展は、華山の初期から晩年までを通して、その多彩で幅広い画業を系統立ててご覧いただく初めての回顧展。かつて有名であったにもかかわらず、忘れられてしまった絵師の全貌を掘り起こし、曾我蕭白や弟子たちの作品もあわせて、その魅力を紹介する。
※会期中、展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.06.23
  • 会場

    宮城県美術館
    http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
    仙台市青葉区川内元支倉34-1
  • 観覧料金

    前売・団体=一般1100円、学生900円、小中高生500円
    当日=一般1300円、学生1100円、小中高生650円

    ※団体は20名以上
    ※リピーター割引:本展観覧済みのチケットを宮城県美術館受付に提示いただくと、本展を当日料金の100円引きの金額で観覧(他の割引券との併用不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    宮城県美術館、河北新報社、仙台放送、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※発券は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る