青森県

アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然(青森展)

建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナー。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に即した要素をとりいれ、人々の暮らしをよりよくするための建築を追求した。彼が建築にあわせてデザインしたドアノブや照明器具、家具に至るまで、細部にこだわりながら全体の空間の調和をはかりつつ作られたその環境は、あたかも人間にとっての「もうひとつの自然」であるかのようだ。なかでもパイミオのサナトリウム(1933年)は、結核患者がたっぷりと自然の光と清浄な空気をあびながら療養するために配慮された、アアルトの人に優しい建築の代表的な作品だ。また、マイレア邸(1939)、ヴォクセニスカの教会(1958)など、私邸から公共建築にいたるまで、自然の素材を生かしつつ、周囲の環境や建物の諸要素の間の有機的なつながりの感じられる建築をデザインしている。さらに、アームチェアやスツールなどの家具、サヴォイ・ベースに代表される有機的な形態をもつガラス器などのプロダクトデザインは、現在もなおフィンランドを代表するデザインとして親しまれている。
本展覧会はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画により、各国を巡回する回顧展であり、日本では約20年ぶりの大規模な展覧会となる。オリジナルの図面、家具、ガラス器、建築模型等、約300点を紹介する本展を通じ、フィンランドの豊かな北の自然に根ざしたヒューマニズムの建築家・アルヴァ・アアルトの魅力を感じてほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1500円(1300円)、高大生1000円(800円)、小中学生無料

    ※( )は前売券及び20名以上の団体料金
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然展実行委員会(青森放送、青森県観光連盟、青森県立美術館)、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    5月13日(月)、5月27日(月)、6月10日(月)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※6月1日からは9:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る