静岡県

特別展 URUSHI 伝統と革新(静岡展)

公式サイト

日本は世界に卓越する工芸の伝統を有し、なかでも漆芸は、日本を代表する工芸として1300年以上の永い歴史を持ち、芸術的にも技術的にも高度の発達をとげ継承されてきた。
近代以降多くの漆芸家が、漆芸の近代化と普及に尽力して礎を築き、昭和30年には日本工芸会が発会し、日本伝統工芸展は作家らの活躍の場となった。本展は、同会の漆芸部会展である日本伝統漆芸展が第35回展を迎えることを記念して開催するもので「江戸時代末期から戦前までの近代の名匠」、「重要無形文化財制度と日本工芸会」、「日本伝統漆芸展の開催」、「11名の重要無形文化財保持者を中心に現在活躍している作家たち」の4つのテーマを設け、近代から現代への漆芸の歩みを俯瞰する。
伝統的な技の継承とともに革新的な新たな創作に取り組んできた漆芸の世界を堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.03.152019.04.16
  • 会場

    MOA美術館
    http://www.moaart.or.jp/
    熱海市桃山町26-2
  • 観覧料金

    一般1600円、高大生1000円、中学生以下無料、シニア割引(65歳以上)1400円、障害者割引800円

    ※高大生、シニア割引適用の方は入館の際、身分を証明できるものを要提示

    ※障害者割引の適用は障害のある方とその付き添い者1名となります。証明できるものを要提示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MOA美術館
  • 休館日

    木曜日

  • 開館時間

    09:30〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る