東京都

特別展 大哺乳類展2 ― みんなの生き残り作戦

公式サイト

大好評を博した特別展「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、哺乳類たちが上野に帰ってくる――
哺乳類は、多様な能力を獲得し、地球上のほとんどの環境に適応した。そのなかでも特徴的なのが、走る、跳ぶ、木に登る、泳ぐといった移動運動「ロコモーション」。本展覧会では、陸と海の哺乳類のロコモーション能力を、標本や最新の研究に基づいた映像で説明するほか、彼らがこれほどまでにロコモーション能力を特化させた理由となる「食べる」、「産む・育てる」という生き残り戦略も紹介。さらに会場には、国立科学博物館が誇る陸と海の哺乳類の実物標本150点以上が一堂に会する圧巻の“哺乳類大行進”も登場する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.212019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般・大学生1600円、小・中・高校生600円、金曜・土曜限定ペア特ナイト券:2名1組2000円(会場で当日17:00以降販売。2名様同時入場限定

    ※未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
    ※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)も観覧可
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立科学博物館、朝日新聞社、TBS、BS-TBS
  • 休館日

    月曜日(3月25日、4月1日、4月29日、5月6日、6月10日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※ 金曜・土曜は20:00まで ※4月28日(日)~5月5日(日・祝)は20:00まで ※5月6日(月・休)は18:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る