山形県

昭和の手仕事

土門は『自選作品集』(447点収録/1978年刊)に「風貌」や「文楽」とともに「職人」の項目を設け、職人の手仕事の作品を数多く収録している。今回は職人の手仕事とともに、戦後の人々の暮らしの中に密接に関わってきた内職や、授産施設の労働など、市井の人々の姿に焦点をあてた作品も加え31作品を展示。戦前・戦後の人々の暮らしを「手」を通して紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.042019.04.16
  • 会場

    土門拳記念館
    http://www.domonken-kinenkan.jp/
    酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
  • 観覧料金

    一般430円(370円)、学生210円(160円)、小・中学生無料

    ※障がい者手帳をお持ちの方は入館料が半額
    ※20名以上の団体の方は( )内の料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    土門拳記念館
  • 休館日

    4月は無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

東京都現代美術館リニューアル・オープン記念展「百年の編み手たちー流動する日本の近現代美術ー」

本展は、1910年代から現在までの百年にわたる日本の美術について、編集的な視点で新旧の表現を捉えて独自の創作を展開した編み手である作家たちの実践として、東京都現代美術館のコレクションを核に再考するもの。 岸田劉生が活躍し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る