東京都

金銅仏と山元春挙 藤花小禽図屏風

《藤花小禽図屏風》を描いた山元春拳。明治4年に滋賀県で生まれた日本画家で、応挙の流れを汲む四条円山派に属し、竹内栖鳳と共に近代京都画壇の雄とも評されている。
円山応挙が描いた《藤花図屏風》(根津美術館蔵)のオマージュ作品ともいえる本図は、瑞々しくもダイナミックな描写で、溢れんばかりの生命力を幹、蔓、花、葉に宿らせている。雀を描いたり、色彩を用いず墨一色で描いたりと、春拳独自の表現にも注目してほしい。
また、4月はお釈迦様の誕生月でもあるため、誕生仏など小さな金銅仏を7点展示する。常設の中国の陶磁器15点に加え、アジアの彫刻10点、摩訶僧祇律巻第十八(神護寺経)と経帙、そして岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.05.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般400円

    ※20歳未満は無料(年齢を確認させていただく場合あり、年齢のわかるものを用意下さい)
    ※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引

  • 主催

    東京黎明アートルーム
  • 休館日

    4月21日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※最終入室は16:00まで ※5月3日は14:00~20:00開室 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る