神奈川県

ポーラ美術館×ひろしま美術館共同企画 印象派、記憶への旅(神奈川展)

ひろしま美術館とポーラ美術館のコレクションは、西洋の近代美術の展開をたどるうえで、重要な画家の重要な作品を収集している。とくに印象派絵画には優れた作品が数多くみられる。質、量共に充実した両館のコレクションは、戦後に形成されたフランス近代美術のコレクションとして国内外でも重要な位置を占めるものだ。
19世紀のフランスでは、外交や政治、精神世界において世界がひろがった。また、交通手段も発達し、移動が容易になったことで画家たちの描く世界も拡張していった。画家たちは、旅で出合った風景や人々の姿を、ときには記録として、ときには記憶に基づいて描いている。
本展覧会は、両館のフランス印象派の風景画を中心に、ドラクロワやコローからピカソ、マティスまで74点の名品を選び、19世紀の画家たちの旅と記憶、都市や水辺の風景に向けられた画家たちの視線、風景の印象や移ろいゆく光の変化を留めたかたちや色彩の表現を探る。また、最後のセクションでは、絵画にとどめられた画家の制作過程や技法の痕跡=記憶を、文献調査や最新の光学調査によって呼び覚まし、作品の新たな魅力として紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.232019.07.28
  • 会場

    ポーラ美術館
    http://www.polamuseum.or.jp/
    足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
  • 観覧料金

    大人1800円(1500円)、シニア割引(65歳以上)1600円(1500円)、大学・高校生1300円(1100円)、中学・小学生(土曜日無料)700円(500円)、障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者1名まで1000円(1000円)

    ※( )内は15人以上の団体料金
    ※ポーラ美術館は、多くの子供たちに、より身近に芸術作品に触れていただきたいと考えており、中学生・小学生の入場については土曜日は無料
    ※他の割引との併用はなし

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館
  • 休館日

    会期中無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

五箇伝の名刀から名家伝世の印籠まで サムライ・ダンディズム 刀と印籠 ─ 武士のこだわり

一千有余年の伝統を持つ世界に誇る日本独自の美──日本刀。近年は展覧会も数多く開催され、最近も大規模な刀剣展が話題を集めるなど、世代を超えた日本美術・文化への関心の高まりを背景に日本刀に注目が集まっている。もともとは武器と

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る