東京都

尾形光琳の燕子花図―寿ぎの江戸絵画―

公式サイト

尾形光琳(1658~1716)による国宝「燕子花図屏風」は、草花図であると同時に『伊勢物語』の一節、八橋の場面に基づくともいわれる。さらに八橋は古来、和歌に詠われる「名所」だった。そうした多面性にちなみ、このたびの「燕子花図屏風」の展示は、三章で構成する。 第一章の作品の題材は、江戸時代の人々が憧れた公家風俗や王朝文学。つづく第二章で集める草花図も、江戸初期の宮廷周辺における草花ブームに端を発している。そして第三章は、祇園祭に沸く京の都や、社寺参詣や物見遊山の人々でにぎわう各地の名所を描いた作品。平和な時代を寿ぐ江戸時代の絵画の数々を紹介する。
また、同館が所蔵する洛外図屏風や名所風俗図屏風をまとめて紹介するはじめての機会ともなっている。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.05.12
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円、学生1000円

    ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
    ※中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    根津美術館
  • 休館日

    4月15日(月)、4月22日(月)、5月7日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※5月8日(水)~12日(日)は19時まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る