宮城県

東京藝術大学スーパークローン文化財展「最先端技術でよみがえるシルクロード-法隆寺・敦煌莫高窟・バーミヤン-」(宮城展)

本特別展では、「文化財の保存と公開」の相克を克服すべく、東京藝術大学及び同COI拠点で開発された芸術と科学の融合による高精度な文化財の再現(複製)である「スーパークローン文化財」を公開。法隆寺の金堂壁画や釈迦三尊像からなる金堂空間の再現、敦煌の莫高窟の再現、破壊されたバーミヤン東大仏天井壁画の復元など、古代シルクロードの遺産を中心に構成する。
本展の開催により、文化財の保存・継承に新たな視点を注ぐスーパークローン文化財の存在を披露し、その意義や文化財保存の将来像を考える一助とする。

開催概要

  • 会期

    2019.04.192019.06.23
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般1200円(1100円)、65歳以上1100円(1000円)、小・中・高校生600円(500円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※常設展もあわせて鑑賞可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る