兵庫県

「不思議の国のアリス展」神戸展(兵庫展)

イギリスの作家、ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」は誕生から約150年を迎え、すでに170もの言語に翻訳され、発行部数は1億部とも言われる世界的ベストセラーとなっている。少女アリスが迷い込む不思議な世界とキャラクターは、今もなお、国や地域、年齢を問わず多くの人を魅了し続けている。
本展は「不思議の国のアリス」の原点や、現代に至るまで、様々な分野に影響を与え続けるこの物語の魅力を、日本初公開を含む貴重な作品と共に紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.162019.05.26
  • 会場

    兵庫県立美術館
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
  • 観覧料金

    当日=一般1,400円、高校・大学生1,000円、小・中学生600円
    団体=一般1,200円、高校・大学生800円、小・中学生400円
    ※団体は20名以上
    ※小学生未満無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、本人と介添えの方1名まで当日料金の半額(他の割引とは併用不可)
    ※当日券は、ローソンチケット(Lコード53878)、チケットぴあ(Pコード992-018)、セブンチケット、イープラス、CNプレイガイド、阪神プレイガイド、チケットポートほかにて販売
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    関西テレビ放送、読売新聞社、東映 
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る