北海道

札幌美術展 砂澤ビッキ―風―

北海道を代表する木彫家・砂澤ビッキ(1931~1989年)の没後30年記念展を開催。木という素材に向き合い続けたビッキは、木に宿る「樹氣(きき)」をあらわにすることに挑んだ。そのなかで「風」のシリーズは、樹氣が力強く、躍動感ある形で表現されており、ビッキの自然への畏怖の念を体感させてくれるものだ。また同館併設の野外美術館では、《四つの風》というビッキの大作が常設展示されている。設置から30年以上経過した本作は、彼の生前の意図を汲み、自然の成り行きに任せ、「風雪という名の鑿(のみ)」によって変化を続けている。本展では、「風」シリーズを中心とした彫刻作品とともに、これまでの《四つの風》の記録を写真や映像で展示し、自然が芸術に与える力を明らかにする。このほか、「絵描きとしてのビッキ」「カナダでの制作」「ビッキの遺したもの、そして没後の30年」など多彩なセクションを設け、同館がこれまで行ってきた研究・調査の成果を紹介し、新たな視点を加えながらビッキの功績を回顧していく。
なお、本展は、札幌・北海道にゆかりある作家の作品によって構成する第12回目の「札幌美術展」として行うもの。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る