愛知県

印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション

日本における西洋美術のコレクションは今から百年ほど前、第一次世界大戦が終了した1910 年代の末に始まる。松方幸次郎、大原孫三郎、福島繁太郎といった人々が、日本の西洋美術コレクションの中核となる作品を収集したのがこの時期だ。その後も日本人の西洋美術に対する情熱は衰えず、数々の優れたコレクションが形成され、現在に至っている。
石膏建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社は、1970年代から本格的に絵画の収集を開始し、2008年には吉野石膏美術振興財団を設立。コレクションのさらなる拡充と調査研究を推進してきた。そうして形成された西洋近代美術のコレクションは、質量ともに日本における歴代のコレクションに勝るとも劣らぬ内容を誇っている。現在、その多くは創業の地、山形県の山形美術館に寄託され、市民に親しまれている。
本展ではバルビゾン派から印象派を経て、その先のフォーヴィスムやキュビスム、さらにエコール・ド・パリまで、大きく揺れ動く近代美術の歴史を72点の作品によって紹介。ミレー、ドガ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ピカソなどの出品作はいずれ劣らぬ名作ばかりで、とりわけピサロ、モネ、シャガールの三人は、各作家の様式の変遷を把握できるほどに充実しており、見応え十分だ。吉野石膏コレクションが誇る西洋近代美術の傑作の数々をまとめて紹介する展覧会は、中部地方では初めてとなる。

開催概要

  • 会期

    2019.04.092019.05.26
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般1100円、高大生700円
    当日=一般1300円、高大生900円、中学生以下無料

    ※団体割引料金は20名以上に適用
    ※身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額
    ※名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は100円割引
    ※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用
    ※いずれも他の割引との併用不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市美術館、中日新聞社、日本経済新聞社、テレビ愛知、共同通信社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金曜日(5月3日は除く)は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る