山梨県

2018年度ヤング・ポートフォリオ展

公式サイト

ヤング・ポートフォリオ(YP)とは、同館の理念の一つであり、「写真を通して世界の若者を支援する」ことを目的とする文化貢献活動。毎年、世界の35歳までの若手写真家の作品を公募し、第一線の写真家による厳正な選考を経て、 若手写真家の「原点」となる貴重な初期作品を購入・収蔵し、後世に残す活動だ。 選考された作品を、美術館が永久保存するという、コンテストと異なる性格を持つ本活動は、世界でも他に類をみないものである。(2004年、公益社団法人・日本写真協会より文化振興賞を受賞)
YPは、当館開館の1995年度より継続して行っており、2018年度は第24回となる。これまで世界74カ国から10,356人、133,340点の作品が応募され、そのなかから、45カ国の785人による6,105点の作品を購入した。今回は、東欧からアジア、日本まで、2018年度収蔵作品など全171点を展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.212019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円(600円)、学生600円(400円)、中・高生400円(200円)、家族割引1200円(2名~6名まで)

    ※( )内は20名様以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    清里フォトアートミュージアム
  • 休館日

    火曜日(4月30日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展 ―やすらぎの美を求めて―(長野展)

ユニマットコレクションは、オフィスコーヒーや介護、リゾートなどの事業を幅広く展開しているユニマットグループの創業者・髙橋洋二氏が、長年にわたり収集し築き上げた西洋美術の一大コレクション。本展は、これまでまとまって公開され

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る