東京都

春の優品展 和と漢へのまなざし(併催:大東急記念文庫創立70周年記念特別展示 [第1部]大東急記念文庫の精華ー絵画、古写経、書物、名家の筆跡ー)

館蔵品の中から『和漢朗詠集』と、その撰者・藤原公任(966-1041)に関連する古筆、あわせて日本・中国を題材とした絵画を選び展覧。平安時代(11世紀初)に成立した『和漢朗詠集』には、王朝貴族らに愛好された漢詩文と和歌が選び集められている。こうした漢詩文と和歌の世界への憧れは、後世にも大きな影響を与え、豊かな美の数々を生み出してきた。和と漢へのまなざしを映した名品約40点を紹介する。
また、4月27日~5月6日には国宝「源氏物語絵巻」を展示予定。
※会期中一部展示替あり

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.05.06
  • 会場

    五島美術館
    http://www.gotoh-museum.or.jp/
    世田谷区上野毛3-9-25
  • 観覧料金

    一般1000円、高・大学生700円、中学生以下無料

    ※団体20名以上1人800円
    ※障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引
    ※入園のみ(展覧会をご覧にならない場合)は1人300円(中学生以下無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    五島美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

藝大コレクション展 2019

東京藝術大学は、その前身である東京美術学校開校に先だって、様々な芸術資料を収集してきた。そこには、東京美術学校および東京藝術大学の歴代在学生・卒業生たちの作品(「学生制作品」)や、歴代教員の作品、そして、学生の教材として

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る