東京都

藝大コレクション展 2019

東京藝術大学は、その前身である東京美術学校開校に先だって、様々な芸術資料を収集してきた。そこには、東京美術学校および東京藝術大学の歴代在学生・卒業生たちの作品(「学生制作品」)や、歴代教員の作品、そして、学生の教材として用いられた美術資料が含まれており、その総数は約3万件にのぼる。そして、この多様なコレクションを紹介するのが「藝大コレクション展」だ。
今年の藝大コレクション展では、コレクションの多様な側面を紹介。第1期、第2期ともに、いわゆる「名品」として知られる作品だけではなく、「Collection in Focus」と題したセクションで、これまで紹介される機会の少なかった作品・資料を、新しい視点から展示する。
この展覧会でとくに注目されるのは、藝大の近世絵画コレクションの優品である池大雅《富士十二景図》連作。全12幅のうち、本学が7幅、他館で4幅の存在が知られていたが、このたび最後の1幅が発見され、収蔵されることになった。この1幅の収蔵を記念した特集展示を行う(第1期展示)。
※会期中、大幅な展示替えあり
第1期:2019年4月6日(土)~5月6日(月・休)/第2期:2019年5月14日(火)~6月16日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

    ※ ( )は20名以上の団体料金
    ※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
    ※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京藝術大学
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る