山口県

山口県立美術館開館40周年記念展 扇の国、日本

公式サイト

「扇」が、日本の発明品であることをご存知だろうか。
中国から伝わった団扇をもとに、日本で生み出された折り畳める形式の扇。
早く十世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、近代に至るまで、日本が世界に誇る一品でありつづけた。
また宗教祭祀や日常生活における用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて取りかえ、携帯できる扇は、貴賤を問わずいつでもどこでも楽しめる、最も身近な美術品だった。
和歌や絵が施され、贈答品として大量に流通すると、人と人をつなぐコミュニケーション・ツールの役割も担った。さらに扇は、屛風や巻物、そして工芸や染織などとも結びついて、多彩な作品を生み出していく。 あらゆるジャンル、あらゆる流派と交わる扇には、この国の人々が求めてきた美のエッセンスが凝縮されているのだ。
本展では、日本人が愛した「扇」をめぐる美の世界を、幅広い時代と視点から紹介する。 動かし翻すたび表情を変える手中の扇のように、「扇」の多面的な世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.03.202019.05.06
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円(1100円)、シニア・学生1100円(900円)

    コレクション展セット券(当日券のみ)一般1400円(1200円)、学生1200円(1000円)

    ※シニアは70歳以上の方、( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料
    ※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山口県立美術館、朝日新聞社、yab山口朝日放送
  • 休館日

    月曜日(4月1日、4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る