広島県

北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展

森や水辺など豊かな自然に囲まれたスウェーデン。陶芸作家リサ・ラーソンはこの自然の中で生まれ、数々の作品を創作してきた。80歳を過ぎた今もその意欲は衰えることなく、やさしくかわいい動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品は、本国のみならず日本をはじめ世界中に多くのファンがいる。
本展では、2016年ロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で展示された初期から近年にいたる代表作とともに、彼女が所蔵する日本未発表の作品を含む約190点を一堂に展観する。更に、彼女のよき理解者である夫・グンナルさんとの共作や最新の特別インタビュー映像など、芸術家リサ・ラーソンの魅力を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.162019.05.06
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、高大生550円、中学生以下無料

    ※前売は各200円引き、20人以上の団体は各100円引
    ※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示で無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    尾道市立美術館、中国新聞備後本社
  • 休館日

    月曜日(祝日は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る