広島県

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

公式サイト

旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力を武器に武者絵や戯画に新機軸を打ち出し、衰えつつあった幕末期の浮世絵に活況を取りもどした天才絵師・歌川国芳の作品を紹介するとともに、その弟子である月岡芳年や落合芳幾、歌川芳艶などの作品にもスポットを当て、幕末から明治にかけて社会情勢が激変するなか、国芳の個性がどのように世相を活写したのか、またその弟子たちは国芳の何を継承し、どのように変化していったのかを、約150点の作品と資料によって紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.132019.05.26
  • 会場

    広島県立美術館
    http://www.hpam.jp/
    広島市中区上幟町2-22
  • 観覧料金

    前売・団体=一般1000円、高・大学生800円、小・中学生400円
    当日=一般1200円、高・大学生1000円、小・中学生600円

    ※学生券をお求めの際は学生証提示
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※金曜日は20:00まで ※4月13日(土)は10:00開場 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る