大阪府

特別展「子ども/おもちゃの博覧会」

公式サイト

日本の社会は、明治の海外からの技術や知識の伝来や、国家による軍隊や学校などの制度の施行、昭和の第二次世界大戦の敗戦などによって大きな変化をこうむり、その時々の子どものありようや人びとの子ども観に影響を与えた。展示では、江戸時代から戦後のさまざまな玩具をつうじ、子どもや子どもをめぐる社会の変遷とその意味を探る。
※期間中一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.03.212019.05.28
  • 会場

    国立民族学博物館
    http://www.minpaku.ac.jp/
    吹田市千里万博公園10-1
  • 観覧料金

    一般420円(350円)、高校・大学生250円(200円)

    ※中学生以下無料

    ※( )は20名以上の団体料金、授業レポート等の作成を目的とする高校生、3か月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等提示)

    ※障がい者手帳をお持ちの方は、付き添い者1名とともに、無料

    ※毎週土曜日は、高校生は無料
    ※本館展示も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立民族学博物館
  • 休館日

    水曜日(5月1日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る