愛知県

チェコ・デザイン100年の旅

ヨーロッパの中心に位置し、歴史的に様々な文化に触れてきたチェコ。日本でも「ロボット」という言葉の生みの親となったチャペック兄弟や、モグラのクルテクの絵本などが知られている。緑豊かな自然に恵まれ、高い技術を誇るボヘミアン・グラスをはじめとする産業が発達した。19世紀に世界の富が集中した黄金の都プラハを拠点に、20世紀には次々と芸術運動が花開き、チェコ・キュビスムとして結晶体や幾何学的形態を建築やインテリアの立体物にまで展開した独特の芸術様式も生まれた。そして社会主義の時代にも、優美なスタイルの生活用品や自由な表現の絵本が創作されている。
本展では、チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャから世界中で愛される現代のアニメーションまで、100年のデザイン史を代表する家具、食器、書籍、ポスター、おもちゃなど約250点により、幅広い魅力を持つチェコの文化をデザインの視点からたどる。時を超えて日常を彩り、人生を豊かにするチェコのデザインを、日本で初めて総合的に紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.05.19
  • 会場

  • 観覧料金

    一般(高校生以上)1000円(900円)、小中学生 500円(450円)

    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※展覧会限定フリーパス「Limi-pass (リミパス)」は1,500円
    ※未就学児は無料
    ※岡崎市内の小中学生は無料(わくわくカードまたは学生証を提示)
    ※各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料(各種手帳を提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岡崎市美術博物館、チェコ国立プラハ工芸美術館(The Museum of Decorative Arts in Prague)
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る