愛知県

愛知県美術館リニューアル・オープン記念「全館コレクション企画 アイチアートクロニクル1919-2019」

愛知県美術館は、2019年4月にいよいよ全館リニューアル・オープンを迎える。そのちょうど100年前の1919年、東京の洋画グループ「草土社」に触発されて、愛知に暮らす10代-20代の若者たちが一つの展覧会を開催した。「愛美社」と名付けられたこのグループは、中央から強い影響を受けながらも、ここ愛知に軸足を置いて活動を展開した。本展は、この1919年を起点として、20-30年代の洋画壇やアヴァンギャルドの活発な活動、40-50年代の混乱と復興、60-70年代の反芸術やオフ・ミュージアムの傾向、80-90年代の現代美術を扱うギャラリーの増加、そして2000-10年代の官主導の公募展や芸術祭の隆盛にいたるまでの100年のあいだに、愛知の前衛的なアートシーンを様々なかたちで揺り動かしてきたムーブメントや事件をたどる企画だ。愛知のアートの渦巻くような熱量を、愛知県美術館、名古屋市美術館、豊田市美術館をはじめとする地域のコレクションを通じて紹介する。期間中、一部作品の展示替えあり。

開催概要

  • 会期

    2019.04.022019.06.23
  • 会場

    愛知県美術館
    http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
    愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10F
  • 観覧料金

    一般500(400)円、高校・大学生300(240)円、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    愛知県美術館
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る