静岡県

1968年 激動の時代の芸術

世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の年だった。日本でも、全共闘運動やベトナム反戦運動などで社会が騒然とするなか、カウンターカルチャーやアングラのような過激でエキセントリックな動向が隆盛を極めた。社会全体が高揚した雰囲気に包まれたこの時代には、現代美術をはじめ、写真・演劇・舞踏・映画・建築・デザイン・漫画などの領域においても、破壊的なエネルギーに満ちた先鋭的な試みが次々と生み出された。学生運動やヒッピームーヴメントに代表されるような、既成の価値や体制に異議申し立てをおこなう時代の空気は、芸術家のあいだでも共有されていたのだ。 本展は、1968年からちょうど半世紀が経過した2018年の視点から、約400点の作品や資料とともにこの興味深い時代の芸術状況を、回顧しようとする試み。この時代の芸術を輪切りにして展観することで、新たに見えてくるものがあるのではないだろうか。今から50年前に当時の芸術に親しんだ方も、これから出会う方も、展覧会場で1968年前後の熱気を感じ取ってほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.02.102019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般800円、70歳以上400円
    当日=一般1000円、70歳以上500円

    団体(20名以上)=一般800円、70歳以上400円

    ※大学生以下無料
    ※収蔵品展、ロダン館もあわせて観覧可
    ※団体のお申込は、美術館総務課まで要問合わせ
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、Daiichi-TV
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る