東京都

なぞなぞ絵解き 判じ絵展―江戸の庶民と知恵比べ―

公式サイト

判じ絵は、江戸時代の庶民に幅広く親しまれた、絵を読み解いて答えを導き出すなぞなぞである。浴衣や手ぬぐいの柄としてもよく知られている「鎌〇ぬ(かまわぬ)」も、江戸時代前期から存在する「なぞ染」とよばれる判じ絵の一種といわれている。
判じ絵は、平安時代後期から行われていた「ことば遊び」の要素や、中世以降のさまざまな「なぞ」の要素などが組み合わさって形成されたと考えられている。その完成は江戸時代に入ってからとされ、とくに幕末期以降多くの浮世絵師たちによって多種多様に描かれ、大いに流行した。テーマとなるものは、手紙、地名や動植物、台所用品、役者や力士の名前など多岐にわたる。
実際に判じ絵を解いてみようとすると、画中には不可思議な図柄が描かれており、答えをすぐに導き出すのが難しい場合が多々ある。しかし、様々に推理を重ねながら絵と言葉を結びつけて謎解きをしていく、その過程を楽しむことこそが、判じ絵の大きな魅力となっているのだ。
本展では、江戸時代の浮世絵師たちが描いた判じ絵を中心に100点あまりを紹介する。江戸の庶民と知恵比べしながら、奇想天外かつ愉快な判じ絵の世界が楽しめる。

開催概要

  • 会期

    2019.04.052019.05.12
  • 会場

    八王子市夢美術館
    https://www.yumebi.com
    八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
  • 観覧料金

    一般600(480)円、学生[小学生以上]・65歳以上300(240)円、未就学児無料

    ※土曜日は小中学生無料
    ※(  )内は15名以上の団体料金

  • 主催

    公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る