島根県

横山大観をめぐる人物相関図 日本画家のつながり

近代の日本画家たちは、画塾だけでなく、美術学校などでも多くの画家たちと出会い、親交を深めている。美術団体を結成して同じ目標に向かって熱心に研究を行うほか、政府主催の美術展覧会などには様々な芸術観を持った画家たちが集まり、作品を通じて互いを高め合った。独自の芸術を求める中で広がった画家たちの交友関係を知ることは、その時代を生き抜いた画家について、より深く理解する機会になるといえるだろう。
本展では、日本画の巨匠・横山大観を中心に、大観と関わりがあった画家たちの作品を、大観をめぐる人物相関図と合わせて紹介する。大観とともに東京美術学校で学び、日本美術院(院展)を創立した盟友・菱田春草や、院展で大観の薫陶を受けた安田靫彦、小林古径ら、また、「東の大観・西の栖鳳」と称された京都の竹内栖鳳など、大観にまつわる巨匠たちの名品を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.03.012019.05.31
  • 会場

  • 観覧料金

    大人2,300円、大学生1,800円、高校生1,000円、小中生500円

    ※団体割引あり(20名以上、100名以上)
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は個人料金の半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    足立美術館
  • 休館日

    4月10日

  • 開館時間

    09:00〜17:30 ※入場は閉館の15分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る