東京都

大用国師二百年 釈宗演老師百年 大遠諱記念特別展「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」

円覚寺は、弘安5年(1282)鎌倉幕府第8代執権北条時宗により、中国から招聘した無学祖元を開山として現在の鎌倉市山ノ内に創建された。そして、鎌倉宋朝禅興隆の基盤を築くとともに、中国との国際的な交流を通して鎌倉独自の宗教、文化、芸術を創造する中心的存在となった。本展では、円覚寺とその一門寺院に伝わる、彫刻、絵画、書跡、工芸品などの優れた作品を多数展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.06.23
  • 会場

    三井記念美術館
    http://www.mitsui-museum.jp/
    中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
  • 観覧料金

    一般1,300(1,100)円、大高生800(700)円、中学生以下無料

    ※70歳以上の方は1,000円(要証明)、また20名様以上の団体の方は( )内割引料金
    ※会期中、一般券、学生券の半券提示で2回目以降は団体料金
    ※障害者手帳を呈示の方およびその介護者(1名)は無料

  • 主催

    三井記念美術館、臨済宗大本山円覚寺、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る