東京都

六古窯 ―〈和〉のやきもの

素朴ながらも豪快で力強さを備える中世のやきもの。中世から現代にまでつづく瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前のやきものは六古窯(ろくこよう)と称され、日本的なやきものとして親しまれてきた。これらのやきものは、伝統的な技術に加え、唐物など舶来の文物に影響を受けながらも、各地で独自のスタイルを生みだした。また、中世では人々の生活の必需品であったが、後に茶の湯のうつわとしても注目され、さらに近現代では鑑賞の対象になるなど、各時代の人々の社会や生活に溶け込みながら、その美や魅力を見出されてきた。本展では青銅器、中国陶磁といった唐物などもあわせて展観しながら、中世のやきものの魅力を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.04.062019.06.09
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般1000円、高大生700円

    ※中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料
    ※20名以上の団体の場合、入館料の200円引で入館可(要事前申込)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金曜日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る