富山県

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン

公式サイト

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムといったさまざまなサインが存在している。一方で、「人生の道標(みちしるべ)」という表現があるように、場所やそこに至る道程は人間の生き方とも分かちがたく結びついていく。

本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせて紹介する。本展出品作品を通して、人間がどのように場所や空間を理解し、伝えようとしてきたのか、そしてその中でめぐらされる「わたしはどこにいる?」という問いに、「アート」と「デザイン」の双方から迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.03.092019.05.19
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般900円(700円)、大学生450円(350円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※コレクション展もあわせて観覧可
    ※次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料 ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
    ※70歳以上および大学生以下の方は、コレクション展が観覧無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    富山県美術館、富山新聞社、チューリップテレビ
  • 休館日

    水曜日、3月22日、5月7日

    ※4月25日~5月6日は無休

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ちひろ美術館 × 文化服装学院 共同企画 ちひろのキッズファッション

美しい色調やモダンなデザイン、いかにも着心地のよさそうな服を着ている子どもたちが登場するいわさきちひろの絵。「装苑」(文化出版局)をはじめとしたファッション雑誌やスタイルブックなどにも、ちひろは子ども服のデザイン画や、母

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る