香川県

やなぎみわ展 神話機械(香川展)

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないシーンを投じてきた美術家やなぎみわ(1967~)の、最新作を含めた約10年ぶりの個展「やなぎみわ展 神話機械」を開催する。
《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴びたやなぎは、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった一連の写真作品で高い評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となった。こうした世界的に注目を集める中、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作が評判を呼び、また台湾製のトレーラー車をステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えた。
本展では、やなぎのこれまでの代表作シリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話をテーマに福島の果樹園で取り組んできた写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介する。これは古事記に登場するイザナギとイザナミの物語に由来するもので、生と死の国の境に植えられていた桃の木をモチーフに、人間の運命について思考の深める新たなシリーズ。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界が生み出される。
美術と舞台を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくもの。待ち望まれた約10年ぶりの個展は、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫りながら、全国5会場(高松、前橋、福島、神奈川、静岡)を巡回する。

開催概要

  • 会期

    2019.02.022019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、大学生500円(400円)、高校生以下無料

    ※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高松市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜19:00 ※日曜日は17:00まで ※2月2日(土)と3日(日) はライブパフォーマンスのため16:30に閉室 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

インポッシブル・アーキテクチャー

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在している。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制度によって実施できなかっ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る