広島県

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法(広島展)

公式サイト

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック。3メートルに及ぶ迫力の大型ポスターから、創造のプロセスに光をあてる原画、ポスターが並ぶ当時の風景写真まで約200点により、ユーモアとエスプリ溢れる作風でパリの街角を彩ったサヴィニャックの世界を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.052019.02.11
  • 会場

    広島県立美術館
    http://www.hpam.jp/
    広島市中区上幟町2-22
  • 観覧料金

    一般1200円、高・大学生800円、小・中学生500円

    ※ 団体は20名以上
    ※ 学生券をお求めの際は学生証要提示
    ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    広島県立美術館、イズミテクノ、中国放送、読売新聞社 美術館連絡協議会
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※金曜日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―(東京展)

象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、神話や聖書をテーマにした作品で知られている。産業の発展とともに、現実主義的、物質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くこ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る