京都府

北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―

公式サイト

平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人であった菅原道真公は、死後、天満大自在天神として崇められて、現在に至るまで「天神さん」「天神さま」として親しまれている。全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神社)が存在するが、京都の北野天満宮は総本社として知られている。

天神信仰に関する展覧会はこれまでにも行われてきたが、北野天満宮そのものを取り上げたものは多くない。北野天満宮が培った長い歴史は、人々の崇敬の歴史といえるだろう。時代ごとのさまざまな願いを反映し、北野天満宮には複雑・多様な信仰世界が構築された。
本展覧会では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、ゆかりある美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰のあり方を展観する。
前期:2月23日(土)~3月17日(日)
後期:3月19日(火)~4月14日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.02.232019.04.14
  • 会場

    京都文化博物館
    http://www.bunpaku.or.jp/
    京都市中京区三条高倉
  • 観覧料金

    一般1400円(1200円)、大高生1100円(900円)、中小生500円(300円)

    ※(  )は20名以上の団体料金
    ※上記料金で総合展示とフィルムシアターも観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都府、京都文化博物館、京都新聞、日本経済新聞社、朝日放送テレビ
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は19:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る