千葉県

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま(千葉展)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)はスロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクールで、芸術性が高い作品、実験的でユニークな作品が集まることで知られている。
26回目を迎えた2017年秋のコンクールには世界各国の国内審査を経て49か国から373組による2,657 点の原画が集まり、日本からは荒井真紀が《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞した。この度の日本巡回展では「BIB で出会う絵本のいま」をテーマに受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の4か国として中国、イラン、イスラエル、韓国をとりあげ、絵本原画約200点と絵本および関連資料を紹介する。表現、手法、そして作り手の多様化が進む絵本づくりの、まさに今を体現する日本からのノミネート作品については、取材メモや下絵などによって制作の過程を辿りながら、それぞれの魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.01.202019.03.03
  • 会場

    千葉市美術館
    http://www.ccma-net.jp/
    千葉市中央区中央3-10-8
  • 観覧料金

    一般1200円(960円) 、大学生700円(560円)、小・中学生・高校生無料

    ※( )内は団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の方

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    千葉市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    2月4日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る