東京都

シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋(東京展)

19世紀フランスを代表する風景画家、シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)の国内初の本格的な展覧会。刻々と変化する水辺の情景をすばやいタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、モネやファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえた。本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにコロー、クールベ、ドーミエ、デュプレ兄弟、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示する。フランスのランス美術館を中心に、国内外各地の美術館・個人が所蔵する作品で構成される。

開催概要

  • 会期

    2019.04.202019.06.30
  • 会場

    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    http://www.sjnk-museum.org/
    新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
  • 観覧料金

    一般1,300円(1,100円)、大学生900円(700円)

    ※要学生証提示
    ※高校生以下無料(生徒手帳提示)
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料
    ※被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞東京本社
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※6月25日~6月30日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る