大阪府

コレクションでつづる フランス近代名画展

山王美術館は、2019年8月に開館10周年を迎える。
春・夏季の企画展では、10周年を記念して「コレクションでつづる フランス近代名画展」を開催する。19世紀から20世紀にかけてのフランス美術は、印象派以降、象徴主義、ナビ派、フォーヴィスムとさまざまな主義や美学のもと、多様に展開していった。画家自身の感覚にもとづく、独創的な絵画を目指した芸術運動により、革新的な絵画表現が生み出され、ルネサンスからはじまる西洋絵画の価値観が大きく変容することとなった。同時代に活躍した、ミレー、ルノワール、モネ、ボナール、ヴラマンクをはじめとする画家たちにより、西洋絵画史に多彩かつ豊かな実りがもたらされた。
本展では、同館においても重要な位置を占める、これらの作家たちによるフランス絵画の数々を一堂に展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.03.012019.07.31
  • 会場

    山王美術館
    http://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/
    大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22F
  • 観覧料金

    一般1,000円、高校・大学生500円、小中学生500円(保護者同伴に限り2名まで無料)

    ※要学生証提示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山王美術館
  • 休館日

    土曜日、日曜日

    ※平日が祝日の場合は開館

  • 開館時間

    11:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

田沼武能(1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートした。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真による連載で注目を集

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る