東京都

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然(東京展)

アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、「マイレア邸」「パイミオのサナトリウム」「ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館」など、個人邸宅から公共建築までを設計したフィンランドを代表する建築家。建築にあわせて、家具をはじめ壁面タイルやドアノブに至るまでをデザインするなどディテールへのこだわりも徹底していた。また、アームチェアやスツール、照明器具、流線形のガラス器など、彼が手がけたプロダクトデザインは、今やフィンランドデザインのシンボルといえるほど世界中で親しまれている。アアルトは、人々の暮らしをより豊かにしたいというヒューマニズムの考えに基づきながら、フィンランドの豊かな自然のなかに見出した有機的なフォルムを設計やデザインにとり入れた。その建築やデザインに触れると、周囲の環境との親和性や、空間と光の調和のなかに、「もうひとつの自然」のような存在を感じるのはそのためだろう。
本展はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展で、ドイツを皮切りに、スペイン、デンマーク、フィンランド、フランスの各国で開催され、生誕120年を迎えた2018年、日本においては20年ぶりとなる個展が実現した。アアルトの魅力の再発見の機会となるだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.02.162019.04.14
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般1000円、高校・大学生800円
    当日=一般1200円、高校・大学生1000円
    団体=一般800円、高校・大学生600円

    ※中学生以下無料
    ※団体は20名以上
    ※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(4月8日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る