東京都

サロン展「南薫造展」「山口草四朗展」

公式サイト

「南薫造展」
広島県内海町(現・安浦町)に生まれた南薫造(1883/明治16-1950/昭和25)は、1902年に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学し、西洋画を専攻する。卒業後はイギリスへ留学。その後もフランスなどヨーロッパ諸国をめぐりながら研鑽を積んだ。
帰国後の1910年の第4回文展において渡欧作《坐せる女》が三等を受賞したのを皮切りに、同展への出品を続け、受賞を重ねた。以降は水彩画会創立や、文展および帝展の審査員を務めながら、洋画家として精力的な活動を続ける。また、1932(昭和7)年から11年間にわたって東京美術学校で教鞭をとり、美術教育に寄与したほか、帝国芸術院会員および帝室技芸員も務めた。
しばしば「印象派風」と称される輝く光にみちた鮮やかな色彩によって、詩情あふれる風景画や人物画を数多く手掛けた南薫造は、近代日本洋画壇に大いに貢献。
本展覧会は、東京では初めてとなる南薫造の回顧展。渋谷区立松濤美術館に新たに寄贈いただいた作品を通して、彼の画業の変遷を辿るとともに、その魅力を紹介する。

【同時開催】「山口草四朗展」
佐賀県鹿島市に生まれた山口草四朗(1924/大正13-2005/平成17)は、1947年に一水会展に初入選以降、同会への幾多の出品や日展での入選など洋画家としての画歴を重ねる。また、1952年に銀座和光から肖像画制作の依頼を受けてからは、さらに肖像画家としても知られるようになる。渋谷の地を好み足繁く訪れた洋画家、山口草四朗の油彩画や水彩画12点で構成する展覧会をゆかりの地で開催する。
前期:2019年2月10日(日)~2019年2月24日(日)/後期:2019年3月2日(土)~2019年3月17日(日)
※「南薫造展」は会期中、一部展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る