東京都

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

田沼武能(1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートした。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真による連載で注目を集めたのち、アメリカのタイム・ライフ社と契約しフォト・ジャーナリズムの分野でも活躍。また、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問には1984年の初回からすべてに同行し、これまで120か国を超える世界中の子どもたちを撮影してきた。
卒寿を迎える今なお写真家として第一線で活躍する田沼だが、彼が子どもや文化人の写真と並びライフワークとしてきたのが、自身の生まれ育った下町を中心とした東京の写真だ。戦後の焼け野原から出発し、様々な矛盾を内包しながらも再生を目指し激しく変貌した都市・東京。その諸相を捉えた写真作品約180点を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点から紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.02.092019.04.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、65歳以上800円(600円)、大高生800円(600円)、中小生500円(300円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
    ※リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    世田谷美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

昭和の手仕事

土門は『自選作品集』(447点収録/1978年刊)に「風貌」や「文楽」とともに「職人」の項目を設け、職人の手仕事の作品を数多く収録している。今回は職人の手仕事とともに、戦後の人々の暮らしの中に密接に関わってきた内職や、授

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る