兵庫県

Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー

20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術作家の表現には、社会的な関心が色濃く表れたものも少なくない。本展はそうした傾向を示す作品の中でも、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目するものである。とりわけ大衆とも呼ばれる後者の存在は、どのようにその存在を可視化するのか、そしてどのようにして彼らとの間に連帯を築くことができるのかという切実な問いを表現者に投げかけてきた。無名の人々の集団=本展で「ピーポー」と仮に呼ぶ存在が、立場や考え方によっていくらでも変化し、わかれていくものであるという事実は、その姿をとらえがたいものにもするであろう。本展で注目する特別な存在=「ヒーロー」は、「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての、あるいはその存在に姿を与える触媒としての役割を担っている。
このような問題意識のもとに、本展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の時代に生まれた作品を5 つのテーマに沿って見ていく。さらにこれらのテーマごとの展示に加え、現在活躍中の4名の作家=会田誠さん、石川竜一さん、しりあがり寿さん、柳瀬安里さんによる本展のための最新作も紹介する。
本展では「美術」の領域にはおさまらない様々な大衆的メディア(紙芝居、漫画やアニメ、特撮など)を取り上げる。これは「美術」表現もまた、私たちの毎日の暮らしと地続きのものであることを示したかったため。そして、現在活躍中の作家陣の最新作を全国各地の美術館のコレクションとともに紹介することで、過去とのつながりの中から現在と未来とが生まれることを改めて確かめたい。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.03.17
  • 会場

    兵庫県立美術館
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
  • 観覧料金

    当日=一般1,300円、大学生900円、70歳以上650円、高校生以下無料
    前売・団体=一般1,100円、大学生700円、70歳以上550円(70歳以上は前売販売はなし)

    ※団体は20名以上
    ※障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、その介護の方1名は無料
    ※大学生、70歳以上の当日券の購入および障がい者割引の適用には証明が必要(割引を受けられる方は、会期中に美術館窓口で観覧券をお買い求めください)
    ※県美プレミアム展は別途観覧料が必要(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日、(1月14日と2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る