群馬県

太田の美術vol.2「生誕100年 飯塚小玕齋展―絵画から竹工芸の道へ―」

「竹は自然が最も美しいと思う」――飯塚小玕齋(1919-2004/本名:成年)は、竹という素材を尊重し、竹ならではの造形美を追求した竹工芸家。1982(昭和57)年には、重要無形文化財「竹工芸」保持者(人間国宝)に認定され、「用の美」の理念のもと、作品を磨き上げた。群馬県太田市には、1981(昭和56)年、赤松の生い繁る金山の豊かな自然環境に惹かれ東京から転居、以降亡くなるまで当地に工房を構えている。父・琅玕斎から学んだ技術を現代的な感性で発展させた作品は、今日の竹工芸の基盤を形成したとも言われ、格調高く、洗練された美しさを有している。
その小玕齋が、若かりし頃、画家を目指していたことはあまり知られていない。代々竹工芸を生業とする飯塚家の次男として生まれた小玕齋は、幼少期から竹に親しんできたものの、画家を志し東京美術学校油画科(現・東京藝術大学)に入学、画家・藤島武二の教室で、画業の研鑽に励んだ。しかし、父から竹工芸を継承すべく修行をしていた長兄・幹雄が1943(昭和18)年に他界。戦後復員ののちは、画家を諦め、琅玕斎の指導のもと、竹工芸の道へ進むこととなる。竹工芸家としての初期の主な発表の場であった日展への出品作品は、竹を素材にしながらも、具象的・抽象的表現を取り入れた、絵画研究を下地とするものであった。ところが、竹という素材と向き合うなか、そのような鑑賞を主体とする作品ではなく、使用することを一義とした「用の美」の追求こそ本来の竹工芸の仕事ではないかと思い至る。
飯塚小玕齋の生誕100年を記念して開催する本展では、非凡な画才を感じさせる中学校時代のスケッチから東京美術学校時代の卒業制作、そして竹工芸に絵画的な表現を取り入れていた時期の作品を経て、「用の美」へと至る晩年までの仕事を約30点の竹工芸作品と資料によって振り返る。当初は自身の意に反しながらも絵画から竹工芸の道へと邁進し、挑むようにして素材と向き合い、工芸とは何か、美とは何かを真摯に問い続けた飯塚小玕齋の歩みを紹介する。
※会期中、竹工芸作品は前期・後期で全点展示替予定
前期:2月2日~3月3日/後期:3月5日~4月7日

開催概要

  • 会期

    2019.02.022019.04.07
  • 会場

  • 観覧料金

    一般300(200)円

    ※( )内は、本展有料券の観覧済半券をお持ちの方、20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、ふらっと両毛 東武フリーパスをお持ちの方
    ※65歳以上、高校生以下、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料
    ※おおた家庭の日(毎月第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)2月12日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る