栃木県

水彩画の魅力 ターナーから清水登之まで

鑑賞だけでなく実践としても人々に愛され続ける水彩画は、明治時代に西洋画技法の一つとして移入され、学校教育に取り入れられて普及した。絵手紙などは、一般にも広く親しまれている。すでに明治時代には専門雑誌『みづゑ』が刊行され、画家たちの関心を集めており、その成果は多彩に花開いた。本展は同館のコレクションのなかから、J・M・W・ターナーやデイヴィッド・コックス、明治時代の教育者だった河野次郎のほか、五百城文哉、清水登之、小山田二郎、草間彌生などの多様な水彩による表現を、約150点で紹介する。
また館蔵の清水登之コレクションのうち、水彩画作品全点(約40点)も一挙に公開。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般 700(600)円、大高生400(300)円、中学生以下無料

    ※企画展観覧券でコレクション展も観覧可
    ※( )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    栃木県立美術館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る