岩手県

ますむらひろし展 -アタゴオルと北斎と賢治と-(岩手展)

公式サイト

特徴ある猫のキャラクターと独特のファンタジーで多くのファンを魅了する漫画家・ますむらひろし(1952年山形県生まれ、千葉県在住)。宮沢賢治の童話を猫の登場人物で漫画化したシリーズや、アニメーション映画「銀河鉄道の夜」(杉井ギサブロー監督)の原案者としても知られている。
1973年に週刊『少年ジャンプ』の手塚賞に準入選し漫画家デビューを果たしたますむらは、70年代より、ユーモラスな猫ヒデヨシと個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語、漫画「アタゴオル」シリーズを制作してきた。猫と人の理想郷「アタゴオル」は宮沢賢治の心象世界「イーハトーブ」に呼応させながら、ますむらが作り上げた空想の世界だ。長らく多くの読者に支持されたそのキャラクターは、シチューのCMのほか、大手メーカーの広告に起用され、お茶の間で人気を呼んだ。
2005年からますむらは、カラーイラスト「アタゴオル×北斎」を発表。葛飾北斎の描く日本の美しい景勝地の浮世絵に「アタゴオル」の住人たちが溶け込んだ本シリーズの一点一点には、ますむらによる解説文が付けられている。そこでは、浮世絵を模写し「アタゴオル」の要素を加える際の考えやそのプロセス、北斎の画業についての見解が、北斎への尊敬と畏敬の念を持って語られている。
本展では、この「アタゴオル×北斎」シリーズを中心に、登場人物を猫の姿に置き換えつつも原作の文章を忠実に表現した宮沢賢治童話のシリーズ等、ますむらの繊細で色鮮やかなカラーイラスト作品を多数紹介する。このほか、漫画原稿や創作ノート、作中の小道具の参考資料として使われた、作家自身が所蔵する鉱物や古道具なども併せ、約200点を展示。この機会に、ますむらひろしが生み出す緻密で独創的な世界をじっくり楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.01.032019.02.17
  • 会場

    岩手県立美術館
    http://www.ima.or.jp/
    盛岡市本宮字松幅12-3
  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、高校生・学生600円(500円)、小学生・中学生400円(300円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額
    ※生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岩手県立美術館、テレビ岩手、公益財団法人岩手県文化振興事業団、ますむらひろし展実行委員会
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る